Photo Gallery

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いろいろご無沙汰しております。
ヤシです。

毛利・栗・ゆーまと撮影してきたので
そろそろ自分の映像を撮ろうかなと
最近小山で撮影しています。

いつものこれのPart3です。

1day park edit from RelaxonFilms on Vimeo.



1Day Park EDIT 2 from RelaxonFilms on Vimeo.


小山のセクションの紹介
行き詰まりの解消のきっかけになればいいなぁなんて
生意気にも思っております。

過去2作はすべて3時間程度で撮り終えていたのですが
Relaxonのブログを見ている方はご存知かもしれませんが
この内容を3時間で撮れるカメラで撮ってないんです。。

なので今回は数日に分ける分
濃い内容のものにしようかなーといった所です。
ちょっと頭でっかちになりすぎて
現在心身ともにやられてます。。笑

今月中にはあげたいです^^
スポンサーサイト
こんばんわ。
最近Relaxonでの活動がやけに忙しいヤシです。
ちゃんと週3くらいでクランク回してます。

今回は映像のお話をさせていただきます。

僕も詳しく分からないんですが
ヨーロッパでSoshUrbanMotionって言う
日本で言う所のBOMにあたるのかな?
ライダー×フィルマーの組み合わせで
映像のコンペがあるみたいです。

色々ルールが有るみたいなんですが
おそらくその中の一つに
「スマートフォンのみ使用可」
っていうのがあるんだと思います。
面白いです。

ちなみに有名な作品だと
何年か前のAK × Richerd Forne。
これです。

Sosh Urban Motion 2 - Alex Kennedy X Richard Forne (1st Place) from Ride Sessions on Vimeo.


で、今回のコンペには僕の大好きなフィルマー
Christian RegalどAlex Dがタッグを組んで参加してました。
Instagramでエントリーしてる事は事前にわかってて
早く見たいと前々から思っていました。。

普段彼はMARKITやUnitedのフィルマーで
使用しているカメラはR3D。
EPICが製品名なのかな?
ちょっとわかりませんが。。
うん百万のシネマカメラで撮影してます。

そんな彼が作るスマートフォンでの映像に
興味しかわきません。
それではどうぞ。



予想通りの1位。
やっぱり機材ではないんだなって事をガツンと思い知らされます。
追い撮りのアングルだったり素材の入れ方。
個人的に撮った映像をそのままくっつけるだけの編集が好きなんですが
それは弄る必要のない映像を最初から撮るって事で
非常に難しいです。。

彼の映像は非常に見やすいし
追い撮りのアングルがもうすごく良いです。。

いっぱい見ていっぱい勉強して
そんでもってRelaxonの映像に少しでも活かしたいです!
こんばんわ。
ヤシです。

最近動画撮影について色々色々多方面から質問を受けます。
ライダーとしての活動よりフィルマーとしての活動の方が目立つようです。

事実、ここ最近は乗ってると言うよりは撮ってる方が多いし
毛利の記事にもありましたが毛利の撮影の事ばっか考えてます。

P13400091.jpg

Relaxonの映像ならあまり深く考えないずに
切った張ったすれば動画が成り立つのですが
ソロエディットとなるとこちらのプレッシャーが襲いかかってきます。

自分のソロエディットはできる事が全てわかってるので
何も考えてませんが。。。

そんな毛利の撮影の合間に
Relaxon のアイドル耕作さんに1カット撮ってもらいました。

【動画】今日はRelaxon(ヤシ・耕作・毛利)プラスご近所ライダーのみなとちゃんと4人で稲城市にある多摩梨パークに行ってきました。もともとみなとちゃんのホームである藤枝に行く予定でしたが天気が微妙な為、近場で乗りました。今毛利のソロエディットを撮影してるのですが本日も数カット撮ることが出来ました。その映像はまだ出せないのでわたくし(やし)渾身の1ラインをどうぞ。

Posted by Relaxon Films on 2015年9月6日


前回の毛利の記事の中にスタイルと言う言葉が出てきましたが
僕も彼同様一つ一つの動きにこだわりを持っています。
ラインの中で一つがダサいと全部やり直しです。

ですがですが。今回は自身で初のセクションを使った
フェイキーマニュアルができたのでこのままUPしてみました。
良かったら見てみてください。

ちなみに納得が行かない点は
・最初の180の戻り
・フェイキーマニュアルのアウト
・最後の戻り
大体全部です。笑

終わりよければ全て良しじゃないけど
詰めが甘い。

では。
まいどヤシです。
いつも大体だらだらと持論を並べてますけど
今日は短めに。

皆さんどっちで呼んでます?
Kick Flip
Crank Flip
僕は前者です。

Flourishのライダーだと、sktや大智なんかが良くやります。
ふたりともゆっくり回してリズムよくラインに入れてくるタイプです。
僕はその回し方が怖くて真似できませんが
一応Kick Flipの真似事はしてます。

一般的にKick Flipはストレートジャンプや
バニホでやったりと言うのがやり方となってますが
この人はとりあえずどこでも入ります。
しかもキレがキレキレです。

良かったら見てみて下さい。

Phil Demattia - Welcome to Kink from Seventies Distribution on Vimeo.


回し方が不明です。前足で回してるんだと思うんだけどなぁ。。
連日の投稿失礼致します。
ヤシです。

本日はタイトルの通りノーペグノーブレーキについて
だらだら書いてこうと思います。

自転車のスタイルとしては一番シンプルなセッティングと言えるでしょう。
軽いのもそうですし、突起している物がないと
見た目的にも狭い所走ったりした時も
気持ち的に安心です。

さて、このスタイルのライダーの特徴とは。
あくまで個人的な見解です。

「ぶっ飛び系」
「マニュアルやセクションのこなしが上手い」
「マニアックな動きをする」

この3つのどれかに当てはまると思います。

まず一つ目の「ぶっ飛び系」
これはもぉピンとくる人も居るのではないでしょうか?



Trey Jones



Tom Dugan

僕は一切やろうと思いませんが
見ていてすごい気持ちいいです。
恐怖心というものは無いのでしょうか。。

お次は「マニュアルやセクションのこなしが上手いライダー」



Matt Roe



Stefan Lanschner

ラインが美しすぎて見とれてしまいます。
セクションへの合わせ方が神がかっております。

最後に「マニアックな動きをする」ライダー。
僕が好きなのはこのカテゴリーです。



Ian Schwartz



Jared Chilko



Eric Lichtenberger

一人目のIan Schwartsはライン取りがちょっとわかりません。
あ、そっち?みたいな。後はところどころ不可解な動きをします。

二人目のJared Chilkoは、分からないレベルのスイッチスタンスです。
この人のLookBackの入り方は完全に優勝です。
そこでそれやる?みたいなのがたまにあります。

最後にEric Lichtenberger。
僕は今この人に夢中です。
とにかくゴーストフィーブルがうますぎます。
後はファイヤークラッカーの精度が異常です。

という訳で今回も長くなってしまいましたが
今日のような天気の日(神奈川は暴風雨)は
普段見ないような動画を見てみるのもいいかもしれませんよ。
思わぬ発見があったり。

でわ。

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。